2019年05月31日

サンド伊達

お笑いコンビ「サンドウィッチマン」が30日、東京都内で行われたバラエティー番組「終着駅からはじめちゃう?!〜満腹&ハプニング!サンドが行くローカル線〜」(仙台放送・フジテレビ系、6月2日午後4時放送)の制作発表会に出席。伊達みきおさんは、同番組の収録で出会った青森県の人々から「カロリーゼロー!」と大きな声で呼ばれたといい、「恥ずかしい」と苦笑いしたそうです

 番組は、サンドウィッチマンの2人と、いとうあさこさんと佐藤栞里さんが、二手に分かれてそれぞれローカル線の終着駅から出会った人に聞き込み、知られざる絶景や珍スポット、地元グルメ“超地域限定”の魅力を徹底調査するという内容。サンドウィッチマンは青森県の弘南(こうなん)鉄道の終着駅、大鰐(おおわに)駅からロケをスタートした。

 「カロリーゼロ理論」は、「ドーナツは穴が空いているからカロリーゼロ」など伊達さんがいろんな食べ物に理由をこじ付けて「カロリーゼロ」と言い張るネタで、この日も「(同番組の収録で)15種類のご当地料理を食べて、かなりのカロリー量だったと思うんですが……」と聞かれると、「見た感じゼロキロカロリーです。大体丸いんですよ。食べ物が丸かったり、器が丸い。丸はゼロを表しているので、ゼロキロカロリーになっております」と熱弁し、報道陣の笑いを誘った。

 同理論はロケ地の青森県でも浸透していたといい、相方の富澤たけしさんは「(会う人は)伊達さんを見ると『カロリーゼロ』って言ってました」と笑いながら説明した。理論の浸透ぶりについて、伊達さんは「おかげさまで。宮城の人にも『カロリー、おい、カロリー!』って呼ばれる。ちょっとバカにされてる?」と照れながら明かし、最近ではいろんな人に食べ物のカロリーを聞かれるといい、「『これカロリーありますかね?』と聞かれるとめんどくさい。『400くらいあるんじゃないですかね』と答えてガッカリされます」と笑っていた。 
ラベル:サンド伊達
posted by ぴーちゃん at 10:45| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

本田圭佑

「その国際経験と確かなクオリティーが魅力」

 はたして、本田圭佑の新天地はどこになるのか。2年ぶりにセリエAへ復帰するかもしれない。

 2018−19シーズンいっぱいでメルボルン・ビクトリーとの契約が満了。1年後の東京五輪に臨むU-23日本代表チームにあって、オーバーエイジ枠での参戦を目ざす本田は、次なる活躍の場を探索中だ。

 そんななか、イタリアからニュースが飛び込んできた。今季のセリエBで優勝を飾り、実に9シーズンぶりの1部返り咲きを果たしたブレッシャが、日本が誇る名レフティー獲得に乗り出すというのだ。

 報じているのは、ブレッシャの有力地元紙『BresciaOggi』。クラブのマッシモ・チェッリーノ会長は来季のセリエAで戦うために、経験値の高い新加入選手の獲得を目ざしている。同紙によれば、ひとりはキエーボでプレーするフィンランド代表MFペルバリム・ヘテマイ(32歳)で、かつてブレッシャでもプレーした熟練工だ。キエーボは最下位で降格が決定しており、ヘテマイは退団の意思を固めたと言われる。

 そしてもうひとりが、本田だという。同紙は「レオネッサ(雌ライオン、ブレッシャの愛称)は獲得に動く構えである。ホンダはセリエA(ACミランで3年半プレー)を熟知しており、ブレッシャにとってはその豊富な国際経験と確かなクオリティーが魅力だ」と評している。

 今季のブレッシャは20代前半のヤングタレントを軸に旋風を巻き起こし、勢いのままにセリエBの頂点に立った。クラブ首脳部はセリエAで生き残るためには、経験をチームに還元できる歴戦の勇士が不可欠と考えている。そこで、本田に白羽の矢を立てたのかもしれない。

 今後どのような展開を見せるのか。メキシコ、オーストラリアと渡り歩いた32歳の本田が欧州トップリーグに帰還するシナリオは、なんともエキサイティングだ。
ラベル:本田圭佑
posted by ぴーちゃん at 08:44| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

みやぞん 骨折

日本テレビは28日、お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(34)が、同局「世界の果てまでイッテQ!」のインドでのロケで左足首をけがをしたことを発表。「骨折」と診断されたことを明かし、みやぞんや関係者に対し「お詫び申し上げます」と謝罪したようです

 同局によると、みやぞんはインドでのロケで、走って木の板を踏んでジャンプし、火の輪をくぐる挑戦を敢行。その際、着地で左足首をひねったという。

 同局は書面で「現地時間5月24日午後5時30分頃、『世界の果てまでイッテQ!』のインドでのロケ中にみやぞん(ANZEN漫才)さんがけがをしました」と発表。みやぞんはただちにロケを中止して病院で応急処置を受けた。27日に帰国し、あらためて国内で診察を受けたところ、左足首の左距骨の関節面から7ミリ程度の骨がかけており、骨折と診断された。痛みがひくまで1〜2週間程度、約2カ月の治療期間を要する見込みだという。

 また、「みやぞんさんの今後のお仕事に関しましては、医師と相談しながら、ケガをした足に負担のかからない形で、続けていかれると聞いています」とし「現地の方の指導の下、本来は土の上に着地しているパフォーマンスを、マットを敷くなど安全に配慮してロケを行っておりましたが、このような事態となったことを重ねてお詫び申し上げます。今後は番組制作において、より一層安全対策に万全を期してまいります」とした。

 みやぞんコメント全文は以下の通り。

 ちょっとネタバレになっちゃいますが、今回のチャレンジ、実は成功していたんです!見事、火の輪をくぐり、成功したと思ったのも束の間、着地と同時に足に痛みがあり、折れちゃったみたいですね…カルシウムが足りてなかったのかもしれません。ご心配をおかけして申し訳ございません。

 お医者さんと相談しながら、無理せず仕事は引き続きやっていこうと思います。これからも応援よろしくお願いします!今まで通り前向きに、やるぞ〜やるぞ〜やるぞ〜!
posted by ぴーちゃん at 10:43| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする