2019年04月07日

矢口真里

元モーニング娘。の矢口真里が、4月2日深夜、AbemaTVの番組内で、第1子を妊娠中で、夏の終わりごろに出産予定であることを公表したようです

 おめでたいニュースである一方、矢口といえば、2013年の不倫というイメージは、今もつきまとうことも確かだ。

「最近ようやく本人も自虐ネタにしていますが、クローゼットに隠れていた不倫相手と夫が鉢合わせした、と一部で言われるなど、あまりにもセンセーショナルなものでした」

 と、芸能ジャーナリストの佐々木博之さんは言う。
「普通の密会や、マンションに入っていくところを撮られたといったようなものだったら、そこまでのダメージはなかったと思うのですが……。報じられた不倫現場の状況が生々しくインパクトが強いため、いつまでも記憶に残る話となってしまったのが痛いですね」

 加護亜依の未成年喫煙、吉澤ひとみの飲酒ひき逃げ……世間を騒がせるモー娘。OGは多い。

アイドル評論家の中森明夫さんはこう語る。

「先日のハロプロイベントで十数年ぶりにやっと加護ちゃんが復活してゲスト出演したというのに、吉澤さんは引退しましたし、後藤真希さんも不倫騒動が出て活動を控えている状態で、なぜか黄金期メンバーはうまく揃わないんですよね」

 中森さんは、かつてモーニング娘。と仕事した際に、矢口にこんなことを感じたという。

「一般的にはサバサバして面白いことも言う、あまり色っぽくないイメージがありますが、実際の矢口さんはすごくカワイくて華やか、きっとモテるタイプだと感じました。人当たりがとてもよく、スタッフなどオジさんウケも非常にいい。仕事も引っ張りだこ状態だったこともうなづけます。似たタイプに指原莉乃さんがいますが、あんなことがなければ、同じような活躍をしていたかもしれません」

 第一子出産後、矢口はママタレとしての活動を行っていく可能性が高そうだが、「ママタレは飽和状態ではある」と、前出の佐々木さんは懸念する。

「不倫のイメージが今も残るハンディがある中で生き残って行くには、ギャップを解消できるほどの何か、他のママタレにはない、彼女だけの武器を身につけるといいですね」

 いっぽう中森さんは、「のんびりやればいい」という見方をする。
「生まれてくるお子さんは、令和という新しい時代の元年生まれになります。平成を代表するアイドルグループのモー娘。の子供が令和元年に生まれるのはとても面白い。世間の気分も変わるタイミングは、新たなイメージやスタイルに転じるのにぴったりのタイミングではないでしょうか」

 発表後に矢口はブログを更新、そこには<夏の終わり頃、赤ちゃんに会えるのを楽しみに、これからも夫婦で力を合わせ、健やかな毎日に感謝しつつ過ごしていきたいと思います!!>と綴られていた
ラベル:矢口真里
posted by ぴーちゃん at 14:10| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする