2020年05月10日

宅配の急増 感染リスク

新型コロナウイルス感染拡大防止のために発出された緊急事態宣言から約1カ月。ただでさえドライバー不足で厳しかった物流業界では、宅配需要の急増に追いつかず配送遅延や一部サービスの停止が起きた。

【データで見る】新型コロナウイルス 国内の感染状況

 日本郵便ではEC(ネット通販)の荷物量が増加したため、4月15日から当日の再配達受付と荷物の集配受付を停止。「現時点で再開の見通しは立っていない。感染の状況等を踏まえながら再開時期を検討する」(日本郵便)としている。

 「アマゾンでの商品購入やメルカリなどフリーマーケットアプリでの売買が外出自粛で増え、荷物量が多くなった。体感だが荷物量は例年の2倍以上」。都内の郵便局に勤める局員は現場の実情をそう明かす。「政府が配布する布マスクの配送もしなければならないが、余剰人員がおらず現場は逼迫している」と今後を危惧する声も聞かれた。

 外出自粛による巣ごもり需要の急増に苦慮しているのはアマゾンも同じ。4月17日から、生活必需品や衛生用品を優先して物流施設に入荷し、それ以外の商品の納品を制限している。

■人手の確保はいっそう厳しい

 生活協同組合(生協)でも宅配需要が2020年2月以降増え続けており、一部の生協はサービス維持のために受注を制限している。「人手不足もあってドライバー1人当たりの配送量が大きく増えている。ギリギリの状況だがサービス維持を第一に何とか耐えている」(生協の広報担当者)。

 生協からの物流受託が売上高の7割を占めるSBSゼンツウでは、2月以降の荷物量が前年同期比で2割強増えている。親会社のSBSホールディングスは「冷凍・冷蔵品を含む食品が急激に増加した。派遣スタッフの活用や作業員の労働時間を延ばすことで何とか対処している」という。

 そして、会社としての課題は「いかに人材をつなぎ止めるか」に移っている。現場作業員の業務負荷を軽減するために現場では冷凍品の袋詰め作業を行わないなど、顧客の了承を得たうえで作業工程を見直しているが、厳しさは増す。

 荷物量の急増と人手の確保で苦心する現場をさらに脅かしているのが新型コロナウイルスの感染リスクだ。

 2020年3月以降、従業員の感染が確認された物流会社は、セールスドライバー4人が感染した宅配大手のヤマト運輸をはじめ20社を超える。中でも40万人の従業員を抱える日本郵便では、3月から4月末にかけて14都道府県21カ所の郵便局で35人の感染者が出た。

感染者の勤務していた事業所は、一時閉鎖して保健所の指導に従い消毒などを行わなければならない。その間、業務は近隣事業所で対応せざるをえないため、配送遅延も発生する。4月14〜16日、17〜23日の2度にわたり業務を停止した神奈川県川崎市の登戸郵便局では一時期、郵便物が22万通、ゆうパックが1万個、配送できず滞留した。

 感染者が出ていなくても影響は出ている。アスクルの運営する日用品EC「LOHACO(ロハコ)」では2月28日から出荷遅延が生じている。通常と比べると首都圏では7〜8日ほど出荷が遅延。出荷能力の高い拠点がある関西でも2〜3日ほどの遅れだ。

■増員、24時間対応が難しい

 アスクルの出荷遅延は、顧客の注文数が倉庫からの出荷量の上限を上回っていることが直接的な理由だが、「感染拡大のリスクがあるため、本社から応援を出し増員する、倉庫を24時間稼働させるなど通常時の対応が難しい」(アスクル広報担当者)ことも影響している。現状は遅延を解消できる見通しが立っていない。

 感染防止のための取り組みでは、ヤマト運輸が全国の営業所で車両・機材・施設を毎日複数回消毒したり、日本郵便は全国の郵便局窓口でビニールカーテンの設置を進めたりしている。3PL(物流の一括受託)大手の日立物流も、感染者が出たときに物流センター全体に影響を及ぼさないよう、従業員の作業場所や作業チームを限定して濃厚接触者を最小限に抑えるようにしている。

 品薄状態のマスクについては、物流会社も確保に苦慮している。中堅物流会社の中には、「2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)流行のときに備蓄したものも含めて、使えるマスクはすべてかき集めて従業員に10枚ずつ配った」ところもある。

 物流会社を監督・指導する立場にある国土交通省は、トラック運送やタクシー等の運送事業者に対して、始業点呼時の体調確認とマスク着用、手洗い励行などの予防策を徹底するよう要請。マスクの生産事業者も紹介している。とはいえ、感染防止策は企業側に委ねられている状態だ。

だが、感染がさらに拡大し各社の自助努力だけでは物流を維持できなくなる事態も想定しておくべきだろう。政府の定める「新型インフルエンザ対策ガイドライン」の2009年版では、「想定される社会機能の状況とその維持に当たり企業等に期待される対策・目標」が示されている。

■国交省の具体的な対策はなし

 貨物運送や倉庫などの物流については、@従業員不足による集配の遅延、サービスの中断、A物流量が大幅に減少、B宅配、通信販売等に対する需要が大幅に増加、という3点が「感染拡大期」と「まん延期・回復期」(現在は両者を合わせて「国内感染期」)で起こると想定。物流確保のための業務資源の集中と感染防止策の継続的強化を対策として掲げていた。

感染拡大リスクを考えると、キーワードになるのが「業務資源の集中」だ。企業の事業継続計画(BCP)策定を専門とする三菱総合研究所の丸貴徹庸氏は、「行政は生活必需品などにかかわる”生かすべき物流”を示し、段階的に物量を制御していく必要がある」と指摘する。

 これについて、国交省は「物量をコントロールすることは想定していない」(自動車局貨物課)と言う。一方で、「食料品や生活必需品などにかかわる物流がより重要であり、必ず維持しなければいけない」とするが、具体的な方策はみられない。それだけに、各企業や現場の努力でギリギリのところで物流を維持しつづける状態が続きそうだ。
posted by ぴーちゃん at 09:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

ゴルゴ13

青年漫画誌「ビッグコミック」(小学館)で連載中の長寿劇画「ゴルゴ13」が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、25日発売号から当面休載することが8日、関係者への取材でわかった。同作が休載するのは昭和43年の連載開始以降、52年の歴史で初めて。9日発売の同誌に経緯などが掲載される

 「ゴルゴ13」は作者のさいとう・たかをさん(83)と、10人超のスタッフによる分業体制で制作。作画スタッフが原稿用紙に直接執筆するスタイルを取っている。だが、長時間にわたり密集する環境であることなどから、通常通り続けることは困難と判断。スタッフの健康を守るため、新作の掲載見合わせを決めた。旧作の掲載を検討している。

 同作は国籍不明のA級スナイパー・デューク東郷が主人公の劇画。商業誌の連載作品としては最長で、単行本などの総発行部数は2億部を突破している。
ラベル:ゴルゴ13
posted by ぴーちゃん at 09:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

任天堂 増収増益

任天堂は、2020年3月期決算を発表しました。

2020年3月期 連結業績(2019年4月1日〜2020年3月31日)は、売上高1兆3,085億円(前期比 9%増)、営業利益3,523億円(前期比 41.1%増)、経常利益3,604億円(前期比 30%増)、純利益2,586億円(前期比 33.3%増)となり、全面的に好調な推移を見せて増収増益を達成。

『あつ森』で話題のテレワークを実践!

当期における動きとしては、昨年9月に「ニンテンドースイッチ ライト」が発売され、従来の「ニンテンドースイッチ」と共に販売台数を大きく後押し。その勢いが結果に結びつき、スイッチファミリーは当期内のみで2,103万台を販売しました。前期は1,695万台だったため、昨年を上回る躍進を見せています。

ニンテンドースイッチのソフトウェア関連では、『ポケットモンスター ソード・シールド』の販売本数が1,737万本に。また、先々月に発売された『あつまれ どうぶつの森』が1,177万本を売り上げ、スイッチのソフトとしては史上最大の滑り出しを見せました。

このほかにも、当期に発売を迎えた『ルイージマンション3』(633万本)や『スーパーマリオメーカー 2』(548万本)などがミリオンを大きく超える好調ぶりを展開。前期以前に発売を迎えたタイトルも当期のみでミリオンを記録するなど、幅広いスイッチ向けソフトが大きなヒットを遂げました。その結果、ソフトウェアの販売本数は1億6,872万本となり、前期と比べ42.3%増加しています。

■任天堂タイトルのミリオンセラー(当期/累計)
・ポケットモンスター ソード・シールド:1,737万本 / 1,737万本
・あつまれ どうぶつの森:1,177万本 / 1,177万本
・マリオカート8 デラックス:808万本 / 2,477万本
・ルイージマンション3:633万本 / 633万本
・スーパーマリオメーカー 2:548万本 / 548万本
・大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL:503万本 / 1,884万本
・ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド:464万本 / 1,741万本
・ゼルダの伝説 夢をみる島:438万本 / 438万本
・スーパー マリオパーティ:370万本 / 1,010万本
・New スーパーマリオブラザーズ U デラックス:329万本 / 660万本
・スーパーマリオ オデッセイ:297万本 / 1,741万本
・ファイアーエムブレム 風花雪月:287万本 / 287万本
・リングフィット アドベンチャー:273万本 / 273万本
・Splatoon 2:143万本 / 1,013万本
・ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・イーブイ:134万本 / 1,197万本
・ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX:126万本 / 126万本
・MARVEL ULTIMATE ALLIANCE 3: The Black Order:108万本 / 108万本
・ASTRAL CHAIN:108万本 / 108万本
ニンテンドー3DS関連は、ハードウェア販売台数は69万台(前期比 73%減)、ソフトウェア販売本数は499万本(前期比 62.3%減)と、いずれも大きく減少。3DSは発売開始から9年を超えており、腰を下ろす時期が近づいているのかもしれません。

ゲーム専用機向けのデジタル売上高は2,041億円(前期比 71.8%増)と、こちらも順調な推移を見せています。ニンテンドースイッチのパッケージ併売ダウンロードソフトやダウンロード専用ソフト、追加コンテンツによる売上が好調とのことです。

モバイル・IP関連収入などの売上高は、512億円(前期比11.5%増)と、こちらも堅調な伸びを見せました。当期は『Mario Kart Tour』が登場しており、配信済みのタイトルも含め、今後の活躍にも期待が集まります。

今回の決算では、新型コロナウイルス感染症の影響についても触れられており、ニンテンドースイッチ本体やJoy-Conなどの周辺機器、『リングフィット アドベンチャー』の生産および出荷について「遅延が一部地域で生じた」と発表。なお、当期業績への影響は限定的なものとしています。

また現状について、「生産や出荷に関しては徐々に回復の傾向がみられる」と言及。具体的な詳細は明かされていませんが、品薄状態が続いているスイッチファミリーの供給が改善する可能性があります。ですが、「必要な部品の調達に支障をきたす状況がさらに続けば、影響を受ける可能性がある」とも述べており、事態が深刻化した場合は製品の供給にも支障が出るおそれがあると報告しました。

なお、現時点では『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』や『世界のアソビ大全51』、『ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンションパス』の発売や配信予定に変更はない模様です。
posted by ぴーちゃん at 08:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする