2020年02月22日

久保建英

サイドハーフで6試合ぶりの先発出場

 現地時間2月21日に開催されたラ・リーガ第25節で、久保建英が所属するマジョルカがベティスと対戦。久保は4-2-3-1の右サイドハーフで6試合ぶりの先発出場となった

 試合は前半から激しく動く。16分に右サイドでパスを受けた久保がカットインからシュート。敵MFカルバリョにリフレクトしたボールをクチョが振り抜き、強烈な一撃を叩き込んで先制ゴールを奪う。

 19分に左SBクトリスがフェキルを倒して与えたPKをカナレスに決められ、すぐに追いつかれたマジョルカは27分、クチョのヒールパスを受けて左サイドを抉った久保が絶妙の折り返し。これを主砲ブディミルが巧みな反転からゴールにねじ込み、勝ち越しに成功する。日本代表MFはこれが今季3アシスト目となった。

 しかし35分、今度はクトリスと交代で出場したガメスが、またしてもエリア内でフェキルを倒してしまい、PKを献上。これをフェキルに決められ2-2に追いつかれると、後半開始早々の48分にカウンターからホアキンにゴラッソを叩き込まれ、逆転を許す。

 しかし70分、またしても26番が魅せる。中央でボールをキープし、対峙したマーカーをひとりかわしてエリア内に進入すると、フェイントを入れながら右足を一閃。DFの股間を抜けたシュートがGKの手を弾いてゴールに吸い込まれた。

 久保の今シーズン2点目に、マジョルカの公式ツイッターには、ファンから「すごい!」「バモス」「やったー」というコメントが続々と寄せられている。

 これで振り出しに戻したマジョルカは、終盤にベティスに押し込まれたものの、試合はこのまま3−3で終了。苦手のアウェーゲームで勝点1を手にしている
ラベル:久保建英
posted by ぴーちゃん at 09:48| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

神田松之丞

人気講談師の神田松之丞さん(36)が11日、真打ち昇進と同時に大名跡「神田伯山」を六代目として襲名、東京・新宿の末広亭で披露興行に臨んだようです

 高座に登場すると、立ち見も含め満員の客席から拍手がやまず、新伯山さんは「盛り上がりすぎですよ」と苦笑い。歌舞伎俳優が独自の工夫で成功する演目「中村仲蔵」を約40分熱演、「日本一」などの声が掛かった。

 伯山は江戸後期の初代以来、講談を代表する名前で、五代目死去後、44年ぶりに復活した。

 新伯山さんは2007年に神田松鯉さん(77)=19年に人間国宝認定=に入門した。「今チケットを最も取りにくい講談師」といわれている。
ラベル:神田松之丞
posted by ぴーちゃん at 11:21| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

ピエール瀧

コカインを摂取したとして昨年6月に麻薬取締法違反罪で有罪判決を受け執行猶予中のテクノバンド「電気グルーヴ」のピエール瀧(52)が、今月下旬に俳優業を再開させることが2日、分かった。竹中直人(63)、山田孝之(36)、斎藤工(38)の3人が監督する映画「ゾッキ」(来年公開)の撮影に参加する。昨年3月の逮捕から11カ月ぶりの芸能界復帰となるよう

 同作は漫画家大橋裕之氏の初期短編集「ゾッキA」「ゾッキB」が原作。風変わりな人々の日常をシュールに描いた短編をまとめたもので、その一部を基に長編の脚本を製作。大橋氏の出身地である愛知県蒲郡市で全編を撮影予定で、今週中にクランクインする。

 ピエールが演じるのは漁師の定男。原作では別の漁師が「定男がシャバに出てくるってよ」と話題に挙げる場面で名前のみ登場している。ピエールの出演シーンは今月下旬に撮影予定で、これが俳優復帰となる。

 ピエールは昨年6月に懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。初公判では薬物使用の理由を「ストレス解消のため」と説明。精神的に追い詰められた原因を、役者業の仕事で多忙になったためとしていた。関係者は「それでも俳優復帰を待っている映画関係者は多く、今回も周囲に請われて出演を決断したと聞いている」と話した。

 復帰を後押しした一人が、監督でありプロデューサーにも名を連ねる山田だ。13年の主演映画「凶悪」でピエールと共演。死刑囚を演じたピエールの演技は高く評価され俳優としての地位を確立する作品の一つとなった。山田が主演した昨年公開のネットフリックスドラマ「全裸監督」にも出演しており役者として大きな信頼を寄せている。

 竹中と斎藤もピエールの逮捕で一時は公開が危ぶまれた映画「麻雀放浪記2020」(昨年4月公開)などで共演している。映画関係者は「監督の3人もピエールの演技を楽しみにしている。薬物で失敗したが、本人は猛省している。良い形で仕事を再開してほしいと願っているそうです」と話している。

 ▼ピエール瀧(ぴえーる・たき)本名瀧正則(たき・まさのり)1967年(昭42)4月8日生まれ、静岡県出身の52歳。89年に石野卓球らと「電気グルーヴ」を結成し、91年にメジャーデビュー。映画「凶悪」などでの演技が評価され、14年にブルーリボン賞助演男優賞を受賞。1メートル79、血液型AB。
ラベル:ピエール瀧
posted by ぴーちゃん at 10:15| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする