2019年08月22日

24時間テレビ

「嵐だけで持つのか……」

 最近「24時間テレビ」を心配し、こんな言葉が業界内で囁かれている。2020年で休止する嵐がメインパーソナリティーに就任したことが最大の目玉だが、それ以外が話題に上らないというのだ。

 毎年、最高視聴率を獲得するチャリティーマラソンは、4人のリレー形式に変更。いとうあさこ(49)、ガンバレルーヤのよしこ(28)、ハリセンボンの近藤春菜(36)の3人が決定し、当初は各人がフルマラソンを走ると発表したものの、猛暑を考慮し、よしこと春菜は32.195キロに変更。当日発表される“最後の1人”には木村佳乃(43)が濃厚。対抗馬の名は挙がらずほぼ確定とも。

「2人は運動不足、減量間に合わずでほぼドクターストップに近い。下手すると日テレがコンプライアンスを問われると判断したのでしょう。裏を返せばそのくらいタレントがいないんですよ。木村佳乃は『世界の果てまでイッテQ!』の貢献度と夫・東山紀之(52)との初ツーショットで視聴率狙いが見え見えだともっぱらです」(放送関係者)

■「視聴者も茶番と気が付いた」

 ネット上ではジャニーズの若手が出演する「ジャニー喜多川追悼メドレー」のほうが話題なのも残念な話だ。芸能文化評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「2011年の東日本大震災を機に、テレビのボランティア番組が茶番だと視聴者が気づいてしまった。震災で本当に必要なことは何か、ボランティアは自主的にできることも皆が知り、今や“奉仕ビジネス”は欺瞞でしかない。マラソンも、タレントを走らせれば苦しい表情はとれるし、頑張っているように見えますが、単なるお笑い番組の延長。時代錯誤だと気づくべきでしょう」

 会場も日本武道館から両国国技館へと規模を縮小。嵐も活動期間がまだ1年半もあり、プレミア感にも欠ける。“やめ時”を逸して走り続ける姿は気の毒と言うしかない。
posted by ぴーちゃん at 15:03| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

小池栄子

注目ドラマがひしめく今クールで、2本のドラマを掛け持ちしている“売れっ子”がいる。女優の小池栄子(38)だ。「わたし旦那をシェアしてた」(読売テレビ)では主演として、事実婚ながら愛する夫と幸せに暮らしていたシングルマザーの晴美を熱演中。また、「リーガル・ハート 〜いのちの再建弁護士〜」(テレビ東京系)では、主演の弁護士(反町隆史)を支える、事務所の毒舌経理女子を演じ、両作品でその存在感を存分に発揮している。彼女へのラブコールはドラマ業界にとどまらず、CM界からも引っ張りだこで、ユニ・チャームや味の素、大正製薬など大手企業から引く手あまたの状況だ

「もともとイエローキャブに所属していた小池さんは91センチメートルのFカップを武器にグラビアアイドルとしてブレイクしました。2007年にはプロレスラーの坂田亘さんと結婚。ところが12年には飲食店経営の失敗などで坂田さんに多額の借金があることが報じられました。その借金を今も小池さんが肩代わりしているという噂が業界内では絶えません。でもそんな苦労を微塵も感じさせない明るさが小池さんからは不思議と伝わってくるんですよね」(テレビ情報誌の編集者)

 グラビアからバラエティ、そして女優業と幅広く活躍し、元イエローキャブ軍団の中で最大の勝ち組と評される小池。ところで、粒ぞろいだった元イエローキャブ所属のグラドルたちは今どうしているのだろう?

 15歳でデビューし、明るいキャラと歯に衣着せぬ発言でお茶の間の人気者となり「スーパージョッキー」など、多くのバラエティ番組で活躍していた山田まりや(39)。女優としての活動も増えた23歳のころ体調不良が続き、原因不明の炎症性疾患「クローン病」の疑いがあることが発覚。それを機に食の大切さを知り、マクロビオティック、薬膳、漢方など食に関する資格を取得し、これまでの経験を元にした本などを出版しているようだ。

「山田さんは2012年にママとなり、現在小学1年生の息子さんを育てながらタレント活動をしています。他にも映画『キューティーハニー』でダイナマイトボディを披露していた佐藤江梨子さん(37)も15年にブラジル人と結婚し、同年にママとなりました。昼ドラで主演を務めるなど女優業を中心に活動していて、7月に公開された蜷川実花さん監督の映画『Diner ダイナー』では、変わらぬプロポーションを見せていました。また、イエローキャブ初の100cm超えバストを武器に活躍した根本はるみさん(39)は、10年9月29日の結婚を機に芸能界を引退。現在はハワイで暮らしていると報じられました」(同)

■村上龍や松本人志を相手に物怖じせず

 最近は天野浩成と夫婦セットでの出演が増えた雛形あきこ(41)は、コンスタントにテレビ出演しているものの、小池の活躍と比べるとやや差が開いた感があると言えるだろう。なぜ他のイエローキャブ勢が失速する中、小池だけが女優デビュー10年以上もオファーが絶えない存在となっているのであろうか。

「小池さんご本人のキャラクターが大きく関係していると思います。バラエティ番組などに出演した際のズバっとものをいう姿は好感度が高く、女性ファンも多いと言われています。また、『カンブリア宮殿』では作家の村上龍さん、『クレイジージャーニー』ではダウンタウンの松本人志さんを相手にサブMCを務めていますが、まったく物怖じする様子はなく、頭の回転の速さも際立っています。ゲスト出演したトーク番組で小池さんが『器用』と言われることがイヤだった時期があったと話していました。これといって秀でているものがないような気がしてとのことでしたが、だからこそどんな役もこなせるのかもしれません。ある取材で『わたし旦那を〜』のプロデューサーが『すごい陽のオーラがあるから、また一緒に仕事したいなと思える』と小池さんについて話されていましたが、そんな人柄のよさは現場にいる人だけでなく、画面を通して視聴者にも伝わっている気がします」(同)

 TVウォッチャーの中村裕一氏は小池の魅力と今後についてこう分析する。

「カラッと明るくてノリも良く、裏表のない性格が画面からも伝わってくるようで、同じ事務所だったMEGUMIと並んでバラエティ対応のできるグラビアアイドルとして早い段階から重宝されていました。もちろん、本人としては裏で努力を重ねてきたと思いますが、そもそも先天的に“芸能界の水”に合っていたのではないでしょうか。現在レギュラー出演中の『クレイジージャーニー』では松本と設楽統、『芸能人が本気で考えた! ドッキリGP』では東野幸治と、大物芸人からもアシスタントとして信頼されており将来は安泰でしょう。この上、さらに女優としても一定の功績を残しておりまさに死角なしといったところ。40歳を迎えてグングン伸びていく大器晩成タイプとして、今後ますます存在感を増していくと思います」

 三谷幸喜の監督作『記憶にございません』(9月13日公開予定)では、主演の総理大臣(中井貴一)を支える熱い事務秘書官を演じるという。クレバーな小池がどんな役に仕上げてくるのか、今から楽しみでならない。小池の快進撃はまだまだ続きそうだ。
ラベル:小池栄子
posted by ぴーちゃん at 15:06| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

レイザーラモンRG

お笑い芸人のレイザーラモンRGが19日、ツイッターを更新。前日にあおり運転で傷害容疑で逮捕された宮崎文夫容疑者のモノマネを披露。「あるある言いますから!押さえつけないでください!」などと呼びかけ8600件を超えるいいね!をつけたようです

 この日は闇営業で謹慎となった芸人達が復帰する日。RGの相方・HGも含まれる。この記念日にRGがツイッターで披露したのが宮崎容疑者だった。

 逮捕される時の映像がテレビなどで放送されているが、炎天下にも関わらず、ニット帽に長袖ジャンパーにサングラスとマスク姿という異様な格好。逮捕時には「逃げも隠れもしません!」「押さえつけないでください!」「今、生野警察署に電話してますんで」などと叫んでいた。

 RGはこの格好を忠実に再現し、手にはスライド式ではあるが、ガラケーを持つこだわりもみせた。

 そして「あるある言いますから!押さえつけないでください!逃げも隠れもしませんし!あるあるには苦い思い出もありますし!後ろを張り付くようについてきてください!」とつぶやいた。通常、RGの投稿はいいね!は2桁から3桁程度だが、このモノマネ投稿は8600件を超えるいいね!がつけられ、リツイートも3000件(ともに19日午後2時現在)を超えていた
posted by ぴーちゃん at 10:33| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする