2019年08月19日

佐藤健

「凶悪」「孤狼の血」の白石和彌監督が佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子ら豪華キャストを迎えて製作した新作「ひとよ」の撮影が、今年5月に関東近郊で行われ、その撮影風景が報道陣に公開されたようです

 鶴屋南北戯曲賞、読売文学賞戯曲・シナリオ賞などを受賞した注目の劇作家・桑原裕子氏率いる劇団KAKUTAの代表作「ひとよ」を映画化した本作。稲村家の母、そして三兄妹の運命を大きく狂わせた一夜の事件から15年、崩壊した絆を取り戻そうともがき続ける一家がたどり着く先には何があるのか。それぞれの家族の戸惑いと葛藤を描き出すヒューマンドラマだ。

 ある地方都市のタクシー会社を舞台にした作品ということで、今回の撮影場所は実際に営業しているタクシー会社を利用している。最初はなかなかイメージに合ったロケーションが見つからなかったというが、本作の制作担当者が偶然に同所を発見。タクシー会社側も、撮影中はオフィスを移動して営業するなど非常に協力的だったという。「そばに国道が走っている場所。周辺にはチェーン店が次々とオープンしていて、15年前に比べても周辺の景色は絶対に変わっているはず。そんな中で15年ぶりに家族が再会するわけですが、そこだけはどこか時間が止まっているような、そんなまわりとのギャップがある場所にしたかった」と話す白石監督。今回のロケーションはそのイメージにも見事合致。さらに入り口の自動販売機や、冷蔵庫に貼り付けたメモ書きなど、美術スタッフが細かいところまで手を加えた装飾、小道具なども非常に効果的だった。

 主人公・雄二を演じる佐藤は、無精ヒゲが浮かぶ、やさぐれた姿。過去の事件にとらわれ、心を閉ざした姿は、これまで彼が演じてきた等身大の青年像や、ヒーロー的な主人公などとはひと味違う。その芝居について佐藤は「その時に出たもので勝負と言いますか、ドキュメンタリー的なアプローチの仕方をしてきたように感じています」と振り返っていたが、白石監督も「健くんもヒゲを生やしての演技は初めてだったと言っていました。いつもよりはキラキラしていないかもしれないですが、それでも格好よく撮れるところは撮ろうと思っていました」と笑ってみせる。

 鈴木、松岡、田中といった稲村家を構成するメインキャストは、白石監督の希望通りのキャスティングだったようだ。「皆さん、映画の見せ方もよく分かっているし、本当に楽。僕の見えていないところでもみんなで話し合いながら。そういうことの積み重ねが家族のアンサンブルになっている。それが良かった」と満足げ。そして何より母・こはる役の田中がもたらしたものが大きかったという。「裕子さんが物語の背骨となってくれているので、この話がどういう話なのか。導いてくれる感じがある。それがこの映画の強さだろうなという気がします」と語る白石監督は、「裕子さんが今までやってきたお仕事も含めて、女優としての存在感、大きさといったものが直接この作品に、こはるとして輝いてくれている」と全幅の信頼を寄せている様子だった。

 また、事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立ててきた園子に扮する松岡は、撮影の合間にはキャストやスタッフと談笑している姿も散見されるなど、その明るいキャラクターで現場のムードメーカーに。だが、本番になると一変して園子になりきり、時折アドリブも織り交ぜるなど、「憧れの白石組で、憧れの先輩方とご一緒できた」という喜びをかみ締めているようにも見えた。

 「タクシー会社で撮影する最終日」ということで、この日撮影したのは物語のラストを彩る大事なシーンとなった。ここでは詳細を記すことは控えるが、15年ぶりに戻ってきた母・こはるの心情に寄り添った”ある芝居”を田中自らが提案し、それをドラマ「火花」で白石監督とタッグを組んだ鍋島淳裕キャメラマン、照明のかげつよしというコンビが、柔らかい光に包まれたような美しい映像ですくい取っていく。またその後のシーンも、「普段よりも準備に時間がかかってしまったけど、その結果、映画で言うところの夕方のマジックアワーにさしかかり、ラストカットらしい、いいシーンが撮れました」と語るなど、白石監督も満足げな様子を見せる。

 「日本で一番悪い奴ら」「牝猫たち」などで白石監督とタッグを組んできた高橋信一プロデューサーは、本作の撮影を通じて「企画を立ち上げてから準備には本当に時間がかかりましたが、その結果、本当に豪華なキャストをお迎えすることが出来た。これは白石さんの最高傑作になるんじゃないか」と期待をこめる。それに対して白石監督は「もちろん今取り組んでいる映画が自分の最高傑作になるべくやっていますが、それでも今回は毎シーン撮影するたびに、発見や感動があるので、いい映画になるんじゃないかな、という手応えは感じています」と力強く語った。

 「ひとよ」は11月8日から全国で公開。
ラベル:佐藤健
posted by ぴーちゃん at 12:55| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

ダッドスニーカー

「スニーカー」がファッションアイテムの定番となって久しい。

東日本大震災の際、帰宅困難者が何時間もかけて歩いて帰ったケースが多く報道されたこともあり、オフィスにスニーカーという通勤スタイルもすっかり定着した。それに伴い、レザー素材の大人向けスニーカーなども続々登場、単なる“運動靴”の域を出るほどの高級品も多く見られるようになった

そんな中、「え? それ野暮ったくないの?」「靴の量販店で売ってるスニーカーとどこが違うの?」と一瞬目を疑いたくなるデザインのスニーカーが今、ファッショニスタの間で流行っているという。

その名も「ダッドスニーカー」。つまり、休日のお父さんがはくような=おしゃれとはかけ離れた、という意味で名づけられたらしい。海外セレブやファッションピープルの間で人気に火が付き、芸能界でも愛用者は多い。

「2年ほど前、バレンシアガやステラ・マッカートニーといったコレクションブランドから火が付いた流行で、当初は『アグリー(醜い)スニーカー』とも呼ばれていました。

そんな中、90年代にスニーカー愛好者の熱狂的な支持を集めていたエアマックス(Air Max)など、ナイキ、アディダス、リーボックなどのハイテク系スニーカーも人気再燃。2つの流れが合わさって、ここまで大きな『ダッドスニーカー』ブームになったんだと思います」(スタイリスト・小山田早織氏)

たしかに、それまではコンバース「オールスター」や、アディダス「スタンスミス」などの“ローテク”スニーカーを履きこなしていたおしゃれ女子たちが、こぞってダッドスニーカーに鞍替えしている模様。

「コンバースのスニーカーは、いかんせんソール(靴底)が薄くて疲れやすく、たくさん歩く日などには向かないんですよね。その点ダッドスニーカーは、ソールのクッション性が高くて、履き心地抜群! それもこの流行を後押ししたのではないでしょうか」(スタイリスト・小山田早織氏)

バレンシアガやステラ・マッカートニー、ド派手なデザインで話題となっているグッチなど、このブームを牽引するブランドのスニーカーはどれも軽く10万円超え。それが飛ぶように売れていくのだというから驚くほかない。

が、諦めることなかれ。このブームに遅れることなく、GUではすでに2018年11月にはダッドスニーカーを発表(メンズは2019年1月から)。人気を博し、この秋冬ですでに3シーズン目だという。驚きのその値段は、なんと2990円!

「もともとは、ストリート系の人たちが、野暮ったくポテッとしたスニーカーをいかにおしゃれに履くかといったところから、SNSなどを通じてブームになったような気がします。GUでは昨年から店頭に出していますが、シーズンを重ねるごとに型数や色のバリエーションを増やし、大変好評です」(GUプレス・荒木久美子氏)

ここまで流行るには何かワケがある! 1足2990円であれば、試しに買ってみる気になるのではないだろうか? ただし、このスニーカーを履いて、気を抜いたスウェットやジャージー姿で歩いたら、まんま「野暮ったい」残念な人になってしまうのでご注意を。
posted by ぴーちゃん at 11:18| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

大野智

「大野君のダンスが見られる!」

 8月11日に放送された『24時間テレビランナー参戦SP』(日本テレビ系)にて、大野智がサポートする企画の内容が発表されるとSNS上の嵐ファンは俄然盛り上がりを見せた。8月24〜25日放送の『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)で6年ぶり史上最多となる5回目のメインパーソナリティーを務めることとなった嵐。今年は「人と人〜ともに新たな時代へ〜」をテーマに、これまでの武道館から国技館へ会場を移しての開催である。そして、番組内でリーダーである大野が国技館で生披露される100人ダンスを担当することが決定した。生後間もなく右足を失った澁澤くるみちゃんは双子のお姉さんと一緒にダンスをするのが大好きな女の子。もっと大勢の人と踊ってみたい、という夢を大野が都立狛江高校ダンス部のメンバーと共に叶えることになった。彼女の大好きだというディズニー『アラジン』の世界を総勢100人のダンスパフォーマンスで表現する。

 バラエティ番組ではおっとりとしたイメージで知られる大野であるが、類稀なるダンスの才能には嵐ファン以外からも定評がある。1994年にジャニーズ事務所に入所し、少年隊のダンスに憧れ、舞台やライブを通じ経験を積んだ。手足の指先まで神経の行き届いた繊細な動きと、軽やかな足の運び、キレのある動きはまるで背中に羽が生えているよう。ファンの間では“無重力ダンス”と呼ばれている。またライブでは自身のソロ曲をはじめとしてユニットや嵐5人の曲の振付も手掛けるなど、振付師としての才能も大きな評価を得ている。その大野が今回、2人の姉妹と高校生たち総勢100人とどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか期待が高まるばかりだ。

■プロも認めるアートセンス
 また、大野は今回『24時間テレビ』のチャリティグッズ、チャリTシャツのデザインも手掛けた。2012年に奈良美智、2013年に草間彌生とコラボレーションしたTシャツデザインを担当したが、1人で手掛けるのは2004年以来実に15年ぶりのこと。Tシャツのデザインについて大野は「手と手を握り合って次の新たな時代につながっていく、というイメージ」と説明。大野らしい緻密な線画で描かれており、アーティスティックな仕上がりだ。握り合った手の上に描かれたのは咲き誇る満開の蓮の花。この蓮の花についても「蓮って泥の中から一本生えていく、それがめちゃくちゃきれい。まるで人生みたいだから」と大野らしい感性を語った。また握り合った手の爪部分には親指にM(松本潤)、人差し指にA(相葉雅紀)、中指にS(櫻井翔)、薬指にN(二宮和也)、小指にO(大野)とメンバー全員のイニシャルが描かれており、嵐への愛を感じさせるデザインとなっている。チャリTシャツをはじめキーホルダーやタオル、バッグなどイラストが入った関連グッズの発売日にはアクセスが集中し、一時サーバーが繋がりにくくなり、その後売り切れも続出。以後もしばらくの間は品薄状態が続くなど人気の高さを見せつけた。

バラエティでの大野の魅力は飄々とした佇まい。絶妙な間合いで繰り出すコメントやリアクションに場が和むのは、天性のものだろう。情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)のインタビューでは出演者が「ZIP!」の掛け声と共に手で円を描く“ZIPポーズ”で締めるのが慣例だが、こと大野に至っては一味違う。最近では嵐の出演回は毎回大野が違ったポーズをしてみせ、二宮をはじめ他メンバーが突っ込むというのがお約束となっており、それを楽しみにしているファンも多い。かつては『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)のパフォーマンス終わりで大野が必ずカメラ目線になるというお約束もあり、番組が生放送であることからも大野の適応能力の素晴らしさがうかがえた。

 そんな大野が8月22日放送の『ぐるナイ2時間スペシャル』(日本テレビ系)内のコーナー「ゴチになります!20」にゲスト出演することが決定。ナインティナイン・岡村隆史や事務所の後輩であるSexy Zone・中島健人とゴチバトルを繰り広げられる。予告映像では「ダンシングヒーロー」を岡村、中島と3人で踊る様子も公開されておりファンの間では先輩後輩対決に期待が高まっている。『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)内の「グルメデスマッチ」でもユニークな大野の食レポは好評なだけに、バトルの成績だけでなく定番の「うめぇ」「うんめぇ」の連発や新しいリアクションも楽しみにしたい。

 透明感のある歌声でドームを魅了し、キレのあるダンスで魅せ、プロも唸らせるアートを描きながらも天然発言で和ませる。大野智、その才能は計り知れない。
ラベル:大野智
posted by ぴーちゃん at 14:05| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする